GVE房氏が語る、日本の決済システムが抱える課題と10年後のビジョン

GVE房氏が語る、日本の決済システムが抱える課題と10年後のビジョン

ここ数年、「〇〇ペイ」を代表するフィンテックサービスにより、現金を扱う機会が激減している。経済産業省が、2025年までにキャッシュレス決済比率を40%まで引き上げる「キャッシュレス・ビジョン」を発表したことで、キャッシュレスの動きは大きく加速したと言えるだろう。一方で海外に目を向けると、キャッシュレス先進国のスウェーデンや韓国のように、一定以上のキャッシュレスを実現した国も登場し始めた。日本においても将来「現金」はなくなるのだろうか。

そんな「お金」の未来について、今回話を伺ったのはGVE株式会社(以下、GVE)の代表、房広治氏(以下、房氏)だ。ネパールの通貨「ルピー」のデジタル化をはじめ、発展途上国の法定通貨のデジタル化を行っている。「日本の通貨をデジタル化するのは難しい」と語る房氏に、日本の決済業界が抱える課題と目指しているビジョンについて話を伺った。

GVE房氏が語る、日本の決済システムが抱える課題と10年後のビジョン
■房広治(ふさ・こうじ)
1982年早稲田大学理工学部卒業を機にイギリス留学
1987年にロンドンで英国系のインベストメントバンク本社にM&Aのプロとして就職
1998年日本の銀行免許を持ったUBS信託銀行の社長に38歳で就任。
2004年に独立。
2005年2月から始めたサンドリンガムファンドは、2005年の日本株の運用成績でNo1となり、ニュー・ファンドオブザイヤーとなる。
2006年に、Emcom傘下の上場会社が買収。Emcomの取締役に就任。Emcomの高速FXシステムがレバレッジ300倍を可能にし、Emcomの顧客3社で、日本のFX市場の過半数のマーケットシェアとなる。この時に、手数料ゼロをFX業界に導入。現在のリテールFX業界のデファクトスタンダードを作る。

あわせて読みたい

STARTUP DBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「GVE房氏が語る、日本の決済システムが抱える課題と10年後のビジョン」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    量子コンピューターを使えば将来的にどんな電子通貨も一瞬でハッキングできるということなら、日本の決済システムをデジタル化する意味はないって結論ですよね。

    2
  • 匿名さん 通報

    胡散臭さしか感じないシャッチョさん()

    2
  • 匿名さん 通報

    こんな状況になっても、Go toキャンペーンを安倍は強行←ま、日本中に、コロナウィルスを拡散して下さい。南無阿弥陀仏・・。

    1
  • 匿名さん 通報

    全てキャッシュレスにする必要は無いと思うけど。

    1
  • 匿名さん 通報

    子供に小遣い100円あげて、30円のお菓子を買う場合はどうするの?

    1
この記事にコメントする

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月16日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。