国内スタートアップ評価額ランキング最新版(2021年7月)

国内スタートアップ評価額ランキング最新版(2021年7月)
拡大する(全5枚)

国内スタートアップ評価額ランキング最新版(2021年7月)の画像はこちら >>

スマートニュースが評価額1,916億円で2位に浮上、評価額1,500億円突破企業4社に

国内スタートアップ評価額ランキング最新版(2021年7月)
2021年7月の国内スタートアップ評価額ランキングでは、スマートニュースの評価額が1,916億円に達し、ランキング2位に浮上。先月と比べ、評価額を約674億円伸ばしている。

登記簿より約142億円の新たな調達と、5月に登記された情報と比べた際の株式取得価額の上昇を確認できたことが今回の評価額の増加に繋がった。なお、今回の調達により、同社の累計資金調達金額は300億円を突破している。

また、スマートニュースが評価額を伸ばしたことで、評価額1,500億円突破企業は4社になった。

ネットプロテクションズホールディングスは、先月より評価額を272億円伸長させ、順位をひとつ上げ12位となった。同社が2021年6月に実施した、Pavilion Capitalを引受先とする10億円の第三者割当増資が今回の評価額上昇につながっている。今回の調達は事業拡大に向けたプロモーション活動の強化および新規機能開発等に対応するための財務基盤強化を目的としたものだ。

その他、ispace、ジェネシスヘルスケアが先月から評価額を伸ばしている。

累計資金調達金額の増加企業は4社、SmartHR156億円の資金調達を発表

国内スタートアップ評価額ランキング最新版(2021年7月)
今月は、SmartHRが新たな資金調達情報を公表した。同社は2021年6月、Light Street Capitalをリード投資家に、既存株主・新規投資家を引受先とした第三者割当増資と新株予約権付社債による約156億円のシリーズD資金調達を実施。人事・労務分野の業務効率化とデータ活用、採用強化、マーケティング活動への継続した投資に注力していく方針だ。


この記事の画像

「国内スタートアップ評価額ランキング最新版(2021年7月)」の画像1 「国内スタートアップ評価額ランキング最新版(2021年7月)」の画像2 「国内スタートアップ評価額ランキング最新版(2021年7月)」の画像3 「国内スタートアップ評価額ランキング最新版(2021年7月)」の画像4
「国内スタートアップ評価額ランキング最新版(2021年7月)」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

STARTUP DBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「株式」に関する記事

「株式」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「株式」の記事

次に読みたい「株式」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク