国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-7月)

国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-7月)
拡大する(全6枚)

8社が新規ランクイン、トップは135億円調達のTBM

国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-7月)
2021年1-7月の国内スタートアップ資金調達金額ランキングでは、紙やプラスチックの代替となる新素材「LIMEX(ライメックス)」を展開するTBMが135億円の調達を行い、ランキングの1位に躍り出た。また、ヘイispaceSODAアトナープatama plusmenuユビタスWovn Technologiesが大型の資金調達を新たに実施し、新規ランクイン企業は8社となった。

2011年8月に設立されたTBMは、炭酸カルシウムなど無機物を50%以上含む、無機フィラー分散系の複合素材「LIMEX」の開発・製造・販売を手がける。同素材は世界40ヶ国以上で特許を取得しており、COPやG20の国際会議で紹介される他、日本の優れた技術として、UNIDO(国際連合工業開発機関)のサステナブル技術普及プラットフォームに登録されている。

2021年7月2日には、韓国大手財閥であるSKグループの4社(SK Inc.、SKC、SK Materials、SK Siltron)が共同出資したSK Japan Investmentと、135億円の資本提携締結を発表。SKグループは石油精製、石油化学、通信や半導体事業を軸としながら、ESG領域のベストカンパニーを目指し、グローバルに展開している。

本提携を受けて、同社はSKグループとのサプライチェーンの連携・販路の活用を通じて「LIMEX」の生産体制を強化し、SKグループおよびその顧客ニーズにマッチした「LIMEX Pellet(ライメックスペレット)」と「LIMEX Sheet(ライメックスシート)」の用途開発を推進する。また、TBMの製品を韓国のみならずグローバルに向けて販売し、世界のプラスチック問題や地域によって異なる環境素材のニーズに対応する方針だ。


この記事の画像

「国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-7月)」の画像1 「国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-7月)」の画像2 「国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-7月)」の画像3 「国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-7月)」の画像4
「国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-7月)」の画像5 「国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-7月)」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

STARTUP DBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク