国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-9月)

国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-9月)
拡大する(全8枚)

新世代バイオ素材開発のSpiber、総額344億円の調達を実施

国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-9月)

2021年1-9月の国内スタートアップ資金調達金額ランキングでは、Spiber、リキッドグループビットバンクオリヅルセラピューティクスタイミーリバーフィールドの6社が新たにランクインを果たした。

また、スマートニュースは251億円の調達を発表。登記簿から確認済みの分の調達金額に差分を上乗せする形で、合計資金調達金額を先月より100億円以上伸ばしている。

Spiberは、カーライルおよび海外需要開拓支援機構を主な割当先とする第三者割当増資による244億円、また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券をアレンジャーとした事業価値証券化による100億円、総額344億円の資金調達にかかる決議の実施を発表。本ラウンド完了後の評価額は、約1,330億円としている。

2007年に設立されたSpiberは、構造タンパク質素材「Brewed Protein

国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-9月)
(ブリュードプロテイン
国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-9月)
)」を開発する、⼭形県鶴岡市に拠点を置くバイオベンチャー。アパレル産業を始めとする各産業セクターにおいて、持続可能な素材へのニーズが急速に高まる中、「Brewed Protein
国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-9月)
」素材が高く評価されており、多数のグローバルアパレルブランドと共同プロジェクトが進行している。今後、需要の拡大に対応するべく、年内に初の量産拠点となるタイ・ラヨン工場、その後速やかに米国工場の立ち上げを進めていく方針だ。


この記事の画像

「国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-9月)」の画像1 「国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-9月)」の画像2 「国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-9月)」の画像3 「国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-9月)」の画像4
「国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-9月)」の画像5 「国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-9月)」の画像6 「国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-9月)」の画像7 「国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-9月)」の画像8
編集部おすすめ

当時の記事を読む

STARTUP DBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク