電力会社出身、「ハエ」一筋。決断のヒントは直感と揺るがない自信

電力会社出身、「ハエ」一筋。決断のヒントは直感と揺るがない自信

「ハエの力を誰よりも信じているんです」

そう語る男性の姿がある。株式会社ムスカ(以下、ムスカ)の代表取締役会長を務める串間充崇氏だ。

ムスカでは、イエバエと呼ばれるハエの研究を軸に、農業、畜産業、漁業などに用いられる有機肥料や飼料などの通称「MUSCAプロダクト(*1)」の製造を行なっている。

強い興味に誘われて23歳で異世界に飛び込んだという串間氏。もともとは大企業に勤めるごく普通の会社員だったが、そこでハエに出会った。そして、さまざまな苦難を経て、ムスカの創業に至ったという。

それでは、彼の決断の背景には一体どんな思いがあったのだろうか。詳しく話を聞いてきた。

当時23歳、ふとしたきっかけでハエに飛びついた

電力会社出身、「ハエ」一筋。決断のヒントは直感と揺るがない自信
■串間充崇(くしま・みつたか)
ー1976年宮崎市生まれ。国立都城工業高等専門学校電気情報課卒業後、中部電力に就職。 その後、恩師である小林一年と出会い、株式会社フィールドに転職。ロシアの特殊な技術案件や商品開発に従事。様々な分野の知識を吸収し、経験を積み、アビオス株式会社を設立。フィールドの案件を継承し追加の研究開発を継続し開発を完了し、事業展開のために株式会社ムスカを設立。 世界規模での食料安全保障問題の解決に取り組んでいる。

串間氏とハエとの出会いは、20年以上前のこと。串間氏は、当時中部電力で働く会社員だった。同じように繰り返される毎日に少し物足りなさを感じる若者だったという。

串間 「電力会社での生活は、とても平凡でした。大企業の中にいると、僕はあくまでの歯車のひとつですから。給料は安定しているし、休暇もきちんと取れる。特段不満はありませんでしたが、その代わりやりがいがあったわけでもなかったんですよね」


あわせて読みたい

STARTUP DBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月7日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。