シナジーを作れる企業への投資こそがCVCのあるべき姿

シナジーを作れる企業への投資こそがCVCのあるべき姿
拡大する(全6枚)

自社サービスとのシナジーを目的に、スタートアップに投資するCVC(CorporateVentureCapital)。日本では2013年ごろから大企業を筆頭にCVCを設立する例が増えてきた。

そんな中、2018年に日本のスタートアップ向けに1億ドルものファンドを設立して注目を集めているCVCが「Salesforce Ventures(セールスフォースベンチャーズ)」。ご存知の通り世界を代表する、セールス支援のSaaSを開発するセールスフォース・ドットコムのCVCだ。今後どのような投資ポートフォリオを組んでいくのか期待が高まる。

今回はSalesforce VenturesのJapan Headを務める浅田慎二氏に、今後の投資戦略やCVCの意義について話を伺った。

カスタマーサクセスこそSaaSの要

シナジーを作れる企業への投資こそがCVCのあるべき姿
■浅田慎二(あさだ・しんじ)
伊藤忠商事株式会社および伊藤忠テクノソリューションズ株式会社を経て、2012年より伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社にて、ユーザベース、メルカリ、WHILL、TokyoOtakuMode、Boxなどへの投資および投資先企業へのハンズオン支援に従事。 2015年3月よりセールスフォースベンチャーズ 日本代表に就任。ビズリーチ、freee、Sansan、PhoneAppli、TeamSpirit 、トレタ、ヤプリ、Goodpatch、マネーツリー、TeachmeBiz、AndPad等B2Bクラウドベンチャーへ投資。慶應義塾大学経済学部卒、マサチューセッツ工科大学経営大学院MBA修了。2000年に伊藤忠に入社した浅田氏は、グループ内のさまざまな事業会社を経験したのち、2012年に伊藤忠テクノロジーベンチャースにてさまざまなスタートアップのハンズオン支援に従事する。メルカリやユーザベース、WHILLなど多くの優秀な起業家たちと出会ったのはこの頃だ。もともと新しいサービスに触れるのが好きな浅田氏にとって、キャピタリストという仕事は性が合っていたようだ。

この記事の画像

「シナジーを作れる企業への投資こそがCVCのあるべき姿」の画像1 「シナジーを作れる企業への投資こそがCVCのあるべき姿」の画像2 「シナジーを作れる企業への投資こそがCVCのあるべき姿」の画像3 「シナジーを作れる企業への投資こそがCVCのあるべき姿」の画像4
「シナジーを作れる企業への投資こそがCVCのあるべき姿」の画像5 「シナジーを作れる企業への投資こそがCVCのあるべき姿」の画像6

当時の記事を読む

STARTUP DBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月16日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。