想いありきで始めたからできたこと。僕らがD2Cに取り組む理由

想いありきで始めたからできたこと。僕らがD2Cに取り組む理由
「D2C」と呼ばれるビジネスモデルが認知されるようになってきた。「Direct to Consumer」の頭文字を取った言葉で、メーカーが直接消費者に商品やサービスを届けることを指す。

2017~2018年あたりからだんだんと日本でも認知が広がり、2019年にはさらに事業の成功事例が増えるだろうと予測されているビジネスモデルだ。しかし、すでに普及したビジネスモデルとは異なり、事業として取り組むに当たって障壁とされる点が多々あるだろう。

そこで今回は、すでにD2Cの成功事例として知られる株式会社FABRIC TOKYOの森雄一郎氏、ベースフード株式会社の橋本舜氏にD2Cでビジネスを行う上での難しさやポイントなどを対談形式で語ってもらった。

D2Cを選んだのではなく、言葉が後からついてきた

ーー今日はよろしくお願いします。おふたりは、「D2C」という言葉が日本で認知される以前からD2Cに取り組んでいましたよね。

想いありきで始めたからできたこと。僕らがD2Cに取り組む理由
■森雄一郎(もり・ゆういちろう)
ー1986年岡山県出身。大学在学中、国内外ファッション情報サイトを立ち上げる。その後、ファッションイベント企画会社でのファッションショープロデュースや不動産ベンチャー事業開発、フリマアプリ「メルカリ」などに参画。2012年に株式会社FABRIC TOKYOを創業。
想いありきで始めたからできたこと。僕らがD2Cに取り組む理由
■橋本舜(はしもと・しゅん)
ー1988年生まれ。東京大学教養学部を卒業後、ディー・エヌ・エーに新卒で入社。新規事業開発を担当する。2016年4月、ベースフード株式会社を創業。

あわせて読みたい

気になるキーワード

STARTUP DBの記事をもっと見る 2019年5月21日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。