大きな課題に取り組むからこそ、優秀なメンバーが集まる。「超高齢社会×AI」で課題解決を目指すスタートアップ

大きな課題に取り組むからこそ、優秀なメンバーが集まる。「超高齢社会×AI」で課題解決を目指すスタートアップ

世界初の超高齢社会を迎える日本。

大きな社会課題であると同時に、これから超高齢社会を迎える先進国のモデルケースとして世界各国が注目しているのも事実だ。日本で超高齢社会に対応するためのソリューションを実現できれば、今後は世界にも展開できるため、見方を変えれば大きなビジネスチャンスともえるだろう。

そんな日本の超高齢社会に対して、AIでの解決を図っているのが株式会社エクサウィザーズ(以下、エクサウィザーズ)。世界中のトップクラスの人材が集まり、最先端のAIビジネスを展開している。

今回は代表の石山洸氏に、AIビジネスと超高齢社会について話を伺った。

課題解決を目的にするから技術が進化していく

大きな課題に取り組むからこそ、優秀なメンバーが集まる。「超高齢社会×AI」で課題解決を目指すスタートアップ
■石山洸(いしやま・こう)
東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻修士課程修了。2006年4月、株式会社リクルートホールディングスに入社。同社のデジタル化を推進した後、新規事業提案制度での提案を契機に新会社を設立。事業を3年で成長フェーズにのせ売却した経験を経て、2014年4月、メディアテクノロジーラボ所長に就任。2015年4月、リクルートのAI研究所であるRecruit Institute of Technologyを設立し、初代所長に就任。2017年3月、デジタルセンセーション株式会社取締役COOに就任。2017年10月の合併を機に、現職就任。静岡大学客員教授、東京大学未来ビジョン研究センター客員准教授。

あわせて読みたい

気になるキーワード

STARTUP DBの記事をもっと見る 2019年7月4日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。