求められるのは「自分ブランド」で生きていける人。米を拠点に投資を行うキャピタリストが語る日米のスタートアップ事情

求められるのは「自分ブランド」で生きていける人。米を拠点に投資を行うキャピタリストが語る日米のスタートアップ事情
サンフランシスコに本拠地を置き、日米での起業経験を持つパートナーが複数人在籍するスクラムベンチャーズ。代表の宮田拓弥氏(以下、宮田氏)はミクシィの米国法人のCEOを務めたあと、2013年にスクラムベンチャーズを設立した。現在はシリコンバレーを中心にスタートアップの最先端の情報を把握しながらスタートアップ投資を行っている。投資実績は60社を超える。

スタートアップがグローバルで戦わなければいけないという論調はよく耳にするが、実際に海外で投資活動を行っている人の話を聞く機会は少ない。今回はアメリカで活躍する宮田氏に、日米のスタートアップ事情の違いや、昔と比べた日本のエコシステムの現状について話を伺った。

求められるのは「自分ブランド」で生きていける人。米を拠点に投資を行うキャピタリストが語る日米のスタートアップ事情

■宮田拓弥(みやた・たくや)
Scrum Ventures 創業者兼ジェネラルパートナー。サンフランシスコと東京を拠点に、日米のテックスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタルを経営。これまでに、Mobility、Fintech、IoT、VR、コマース、ヘルスケアなど60社を超えるスタートアップに投資を実行。以前は、日本および米国でソフトウェア、モバイルなどのスタートアップを複数起業。2009年ミクシィのアライアンス担当役員に就任し、その後 mixi America CEOを務める。早稲田大学大学院理工学研究科薄膜材料工学修了

日本のスタートアップ環境は、今が「過去最高」で黄金期

求められるのは「自分ブランド」で生きていける人。米を拠点に投資を行うキャピタリストが語る日米のスタートアップ事情

スタートアップ界隈で約20年活躍している宮田氏。日米の状況を知る宮田氏に、今の日本のスタートアップのエコシステムはどのように映っているのだろうか。


あわせて読みたい

STARTUP DBの記事をもっと見る 2019年11月19日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。