廃棄野菜から新しい野菜が育つ!?“0円野菜”とは…?

廃棄野菜から新しい野菜が育つ!?“0円野菜”とは…?

気象災害の影響をうけ、出荷することができなくなってしまった廃棄野菜たち…。捨てられる運命にある野菜たちに、ちょっと目を向けてほしい。

出荷することができなくなってしまった廃棄野菜をリサイクルすることによってつくられた「リサイクル型栽培キット」を提供する八百屋「Vegeloop Market」(ベジループマーケット)が、2月27日(月)~3月4日(土)の期間限定で、東京・世田谷にてオープン[※ 3/1(水) は定休日につき休業]する。

Vegeloop Marketは、異常気象などの気象災害の影響をうけ、食べられなくなってしまった廃棄野菜をリサイクルすることによって生まれたリサイクル型栽培キット「Vegeloop」(ベジループ)を、野菜のような陳列方法で提供することで寄付を集める、新たな提供形態をとる八百屋。

店頭では、“0円野菜”としてVegeloopを販売(無償提供)する代わりに、任意の価格を寄付として募り、農家へと還元。廃棄野菜から新しい野菜が育つVegeloopの栽培は、廃棄野菜を新たに蘇らせるだけでなく、持続可能な食と農を支援することにもつながるというわけだ。

そこには、“廃棄野菜を育てる”というユニークな栽培体験の提供によって、1人でも多くの人に実際の野菜づくりを体験してもらい、異常気象と食の問題を身近に捉えて、自然と向き合う大切さを感じてもらいたい、そんな農家の想いが込められている。


あわせて読みたい

ストレートプレスの記事をもっと見る 2017年2月24日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。