春限定!“桜”を閉じ込めた和菓子のようなフラワーバターが登場

春限定!“桜”を閉じ込めた和菓子のようなフラワーバターが登場

バターの新しい楽しみ方を提案する日本初の“食べるバター”専門ブランド「CANOBLE(カノーブル)」は、和菓子のような春の限定フラワーバター「SAKURA」を3月24日(日)より販売中。

桜の花と葉をまるごと使用し、優しい甘みの和三盆糖と瀬戸内海の藻塩で仕上げた「SAKURA」75g/1240円(税抜)は、フレッシュなミルク感が特徴の国産バターに桜の花と桜の葉の澄み切った春の香りを閉じ込めた、半塩タイプのブールアロマティゼ(フレーバーバター)。


従来のブールアロマティゼ同様にすべてが手作業によるこだわりの製法を守り、桜の香りをより一層感じられるよう、桜の花を練り込んだレイヤーと、桜の香りをより強く感じる葉を粉砕してまるごとバターに練り込んだレイヤーの2層構造に分け、それぞれが一緒に口の中で溶け合うことで桜の花の香りが完成するよう設計している。


また表面には塩漬けの桜の花と葉をトッピング。桜の花の素材本来の風味がダイレクトに伝わってくる仕上がりとなっている。

「SAKURA」は、3月24日(日)・25日(月)の小田急百貨店新宿店本館11階催事場特設売場をはじめ、3月28日(木)~4月3日(水)の東武百貨店池袋店B2F4番地ポップアップストアなどで順次販売されるほか、ECサイトでも3月23日(土)から予約を受け付けている。

あわせて読みたい

ストレートプレスの記事をもっと見る 2019年3月25日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。