京都の路地奥の風情を感じるホテル「eph KYOTO」がオープン!

京都の路地奥の風情を感じるホテル「eph KYOTO」がオープン!

京都の路地奥の風情を感じるホテル「eph KYOTO(エフ・キョウト)」が、6月1日(土)、京都駅前にオープンする。

コンセプトは“刺激的な空間と個性に「Effect(影響)」される”。

国際都市・京都では、歴史的遺産や豊かな自然、そして時代とともに現れる新しい文化や風習が複雑に絡み合い、「Effect」しあって、日々様々なものが生み出され続けてきた。

今回誕生した「eph KYOTO」もその一つ。京都を色濃く反映した刺激的な空間は、まさに“唯一無二の刺激的なホテル”と言うにふさわしい。


斬新な空間設計は、京都を拠点に国内外で活躍する建築家・高松伸氏によるもの。


嵐山を想起させるような竹林が金箔の煌びやかな天井に向かってのびるフロントや、京都の伝統的な匠「織物」「金属工芸」をモチーフにした幾何学模様の外観など、様々な京都のモチーフが散りばめられている。


客室に入ると、金銀の市松模様が施された壁や桜の天井などの意匠が目を惹く。窓外には、京都の美意識を象徴する「枯山水」を思わせる壁面があり、部屋にいながら京都を感じることができる。

客室は2名定員で、「ephツイン・キッチンあり」「ephハリウッドツイン・キッチンあり」「ephハリウッドツイン・キッチンなし」の3タイプ。2つの客室をつなげて4名で利用できるコネクティングルームもある。


また電子レンジや洗濯機などの家電設備や、こだわりのアメニティも充実。


1階ラウンジで提供される作り立ての朝食ビュッフェは、和食・洋食・中華を取り揃えている。

京都駅八条口より徒歩3分という好立地にある「eph KYOTO」で、京都の旅をより満喫してみては。

■「eph KYOTO」
住所:京都市南区東九条西山王町5-6

当時の記事を読む

ストレートプレスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月31日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。