耐熱ガラスメーカー・HARIOが、子会社でIoTコーヒー機器専門メーカー・HIROIAと、新たなIoTコーヒーマシン「Hikaru V60 Smart Brewer」を共同開発!10月24日(火)~12月25日(月)の期間、クラウドファンディングサイト・Makuakeにて先行販売中だ。

“未来の”コーヒーマシン


トップバリスタに愛用される「HARIO V60ドリッパー」と、水量、水温、流速を緻密に制御する、抽出コントロールのテクノロジーが融合することで、コーヒーの楽しさが無限に広がる、先端テクノロジーを取り入れた“未来の”コーヒーマシン「Hikaru V60 Smart Brewer」。


コーヒー豆の特徴や美味しさを最大限引き出すためには、ドリップの正確さが極めて重要だが、「Hikaru V60 Smart Brewer」では、プロのバリスタでも難しいような、緻密な抽出制御を可能にしている。

水量・水温・流速を緻密に制御


「Hikaru V60 Smart Brewer」のタンク下部には高性能なスケールを内蔵し、1mL単位での水量の調整。流速は10段階で調整が可能で、5つ穴のシャワー式の注湯口からの流量を変えることで、コーヒー粉の攪拌の度合いを設定することができる。

さらに、タンク内にはNTC温度センサーを搭載し、1℃単位で正確な抽出を実現。計算コアとして、STM32bitのマイクロプロセッサを備え、注湯のインターバルの時間が0秒~99秒まで、1秒単位での設定が可能だ。

ドリッパーの中心と注湯口の位置を簡単に調整できるように、「Hikaru V60 Smart Brewer」のために開発されたドリッパーホルダーと、本体にシリコン製のガイドも搭載されている。


存在感がありながらも洋室・和室どちらにも溶け込む、シンプルで洗練されたデザインも特徴。


円形の本体には、LEDライトが内蔵されており、抽出の過程を幻想的にライトアップする。

9種類のプリセットレシピを用意


また、専用アプリには、焙煎度×容量で選べる9種類のレシピを用意。普段飲むコーヒー豆の焙煎度にあわせて、本体に登録するプリセットレシピを変更することもできる。


レシピ作成機能では、オリジナルの抽出レシピを作成することもできるので、


水温・水量・流速・蒸らし時間をカスタマイズして、ライブラリーに保存しよう。

最大39%割引のお得価格


Makuakeでは、「Hikaru V60 Smart Brewer」と「コーヒーミル・スマートG PRO」のセット93,400円が39%割引の57,000円になる超超早割や、「Hikaru V60 Smart Brewer」86,800円が34%割引の57,000円になる超早割など、お得なリターンを数量限定で用意。


日々の生活に、ガラスに反射する光と、落ちていくコーヒーの色まで視覚的に楽しめる「Hikaru V60 Smart Brewer」を取り入れてみては。

Makuake:https://www.makuake.com/
プロジェクト名:テクノロジーで極める未来のコーヒー体験。HARIOのIoTスマートコーヒーマシン

(佐藤ゆり)