魅惑のカントリーサイド 2000年の歴史を誇る温泉町バース

魅惑のカントリーサイド 2000年の歴史を誇る温泉町バース
       

お風呂の語源にもなっているバースの街

魅惑のカントリーサイド 2000年の歴史を誇る温泉町バース

こんにちは。今回は、湖水地方とはまったく異なる魅力を放つイギリスが誇る歴史的世界遺産「バースBATH」をご紹介しようと思います。バースは1987年に街全体がユネスコの世界遺産に指定されたイギリスを代表する観光地です。ツアーにも必ず入っていますが、最近、近くのコッツウォルズ人気に押され、「ローマン・バス」だけの見学で街は素通りというツアーが多く、ちょっと残念に思っています。

日本の熱い温泉よりも、ヨーロッパのぬるめの温泉に何時間もゆっくりつかるのが好きな私は、今までにもドイツ、ハンガリー、イタリアの温泉を体験してきました。ヨーロッパでは温泉のことをSPA(スパ)と呼びます。現代のアジアンリゾートにあるようなSPAも大好きですが、ヨーロッパの温泉には長い歴史があります。私が最初にバースに興味をもったのは20数年前、古代ローマ時代からの温泉保養地がイギリスにあると聞いたからでした。

魅惑のカントリーサイド 2000年の歴史を誇る温泉町バース

ちなみに、英語のBATH(風呂)は、この町の名前BATHが語源になっています。お風呂の発音は「バス」ですが、街の名前として発音するときは「バース」とやや長くのばします。ドイツにもバーデン・バーデンという有名な温泉保養地があるのですが、訳すと「温泉温泉」という意味ですから、地名の語源って直接的で意外にシンプルですね。

さて、初めて訪れたときのバースは、想像していた温泉町のイメージを超えた町でした。私が草津温泉のような温泉町をイメージしていたからですけど、町中どこを探してもどこにも温泉はなく、あるのは、有名観光地になっている「ローマン・バス」と呼ばれる古代ローマ時代の温泉浴場跡だけ。

「温泉町なのに温泉がない!」というのが、最初にバースを訪れたときの私の不満でした(笑)。というのも、バースとほぼ同じ時期、18~19世紀に上流階級の温泉保養地として栄えたドイツのバーデン・バーデンの方には、素晴らしい公衆浴場が2つもあり、ホテルの中には、部屋のバスルームの蛇口から温泉が出てくるところもあったからです。20数年前のバースには温泉の源泉はあったものの、温泉施設はなかったのです。


あわせて読みたい

成功する留学の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「露天風呂」のニュース

次に読みたい関連記事「露天風呂」のニュースをもっと見る

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年1月30日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。