ケンカを繰り返すことで学んだ、彼氏との会話をする上でのコツ9パターン

ケンカを繰り返すことで学んだ、彼氏との会話をする上でのコツ9パターン
ケンカを繰り返すことで学んだ、彼氏との会話をする上でのコツ9パターン
お互いをわかり合うためにする彼氏とのケンカは、あとくされなく、上手にしたいもの。そこで今回は、オトメスゴレン読者の女性へ向けた調査結果を参考に、「ケンカを繰り返すことで学んだ、彼氏との会話をする上でのコツ9パターン」をご紹介します。

【1】思ったことはすぐ口に出さずに、1分間はガマンして冷静になってから話す。

「感情的になっていると、わけがわからないことを言ってしまう」(20代女性)とのように、興奮しすぎていると、思ってもいないことを口走ってしまうこともあるようです。ひと呼吸おいたり、興奮が収まらない時は1日ほど冷却期間を置くといいかもしれません。

【2】遠まわしな言葉ではなく、言いたいことは明確に伝える。

「なにが嫌なのかを具体的に言わないと男性は理解してくれない」(20代女性)と、「なんで私が怒ったかわかる?」などのあいまいな表現だと思いが伝わらないようです。「時間にルーズなところが嫌」と怒った理由をハッキリと伝えると、彼氏も反省してくれるでしょう。

【3】「前から思っていたんだけど…」など、過去の話を持ち出さないようにする。

「ケンカ中に過去の不満も話し始めたら、『思った時にすぐ言えよ』とさらに大ゲンカになった」(20代女性)とのように、過去の話を蒸し返されて、頭にくる男性もいるようです。不満はため込まず、その都度彼氏に伝えるほうが大きなケンカにならずにすむかもしれません。

【4】「それはつらかったよね」など、彼氏と気持ちを共有する。


あわせて読みたい

気になるキーワード

オトメスゴレンの記事をもっと見る 2019年6月21日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「浮気」のニュース

次に読みたい関連記事「浮気」のニュースをもっと見る

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。