「断りにくい相手」から食事デートに誘われたときの対応5パターン

「断りにくい相手」から食事デートに誘われたときの対応5パターン
「断りにくい相手」から食事デートに誘われたときの対応5パターン
上司や先輩など、「断りにくい相手」から食事デートに誘われたら、どのようにかわすのが無難なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「『断りにくい相手』から食事デートに誘われたときの対応」をご紹介します。

【1】「いいですね、○○さんと○○さんにも声を掛けましょう!」と二人きりを避ける

「間髪入れずに『みんなで行きましょう』と答えてしまえば、相手も『お、おう…』となる」(20代女性)など、「大勢で行く前提」にしてしまうパターンです。相手が「デートのつもり」であることは察していないかのように振る舞って、はなから「誰かを誘うもの」と思い込んでいるふりをしましょう。

【2】「すみません、ちょっと最近忙しくて…」と都合が悪いことにする

「タイミングが合わないことにしてしまえば、とりあえず角が立ちにくい」(10代女性)など、「たまたま予定が合わない」ということにしておくと、相手の顔をつぶさずに済みそうです。「いつなら空いてるの?」と詰問されたら面倒なので、先に「またの機会に誘ってくださいね」と畳み掛けて話を終わらせましょう。

【3】「実はダイエット中なんで、目標体重に達したら…」と言葉を濁す

「『運動もしてるんですけど、なかなか落ちなくて…』とダメ押しすれば、誘ったら悪いという雰囲気になる」(20代女性)など、「ダイエットのためカロリー制限している」という言い訳で食事デートを回避する人もいます。ただし、ほかの人とは普通に出かけていることがバレると気まずいので、そこだけは注意する必要がありそうです。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。