「私たち付き合っているんだ!」と実感した瞬間9パターン

「私たち付き合っているんだ!」と実感した瞬間9パターン
「私たち付き合っているんだ!」と実感した瞬間9パターン
付き合い始めは恋人同士であることをなかなか実感できませんが、ふとした瞬間からその感覚は薄れていきます。では、女の子はどういう瞬間に恋人の存在を実感するのでしょうか。オトメスゴレン女性読者へのアンケートを参考に「『私たち付き合っているんだ!』と実感した瞬間」をご紹介します。

【1】デートで初めて手をつないだとき

「恋人じゃなきゃ手をつながない」(20代女性)といった意見が他にも多数寄せられるなど、手をつなぐことをカップルの象徴的行為と考える女の子は多いようです。付き合い始めで不安な時期こそ、積極的に手をつないではいかがでしょうか。

【2】駅や街中でギュッと抱きしめられたとき

「愛されてると感じるから」(20代女性)というように、抱擁に恋人の愛を実感する女の子もいるようです。ただし、周りの目が気になる女の子もいるので、駅や街中でも人気が少なくなった瞬間を狙うと良いでしょう。

【3】毎日たわいのない内容のメールをするようになったとき

「挨拶メールが毎日来ること」(10代女性)というように、たわいのないメールが日常化することに恋人の存在を感じる女の子もいるようです。挨拶やちょっとした報告のメールは彼女の満足度を高めることができるので、面倒くさがらずにこまめに送ってみてはいかがでしょうか。

【4】彼氏が友人に彼女として紹介してくれたとき

「第三者に紹介されると、付き合いの重みが増す」(20代女性)といった意見が多数寄せられるなど、友人などに紹介されることに喜びを感じる女の子も多いようです。その際、「彼女がいつも話している◯◯ちゃん」というように、すでに周りに公にしていることをアピールすると、彼女は大切にされていると感じるでしょう。

あわせて読みたい

スゴレンの記事をもっと見る 2019年6月20日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。