彼女持ちの大学生が恋愛で「実家暮らしが不利だと思う瞬間」9パターン

彼女持ちの大学生が恋愛で「実家暮らしが不利だと思う瞬間」9パターン
彼女持ちの大学生が恋愛で「実家暮らしが不利だと思う瞬間」9パターン
平和な大学生活を送るうえで、衣食住の心配をせずに済む「実家暮らし」ほど心強いものはないでしょう。とはいえ、恋愛においては、それが足かせになる状況もあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性148名に聞いたアンケートを参考に「大学生のハンデ?実家暮らしが恋愛で不利だと思う瞬間」をご紹介いたします。

【1】親の存在が気になり、家デートに誘えなかったとき

「落ち着いてキスができる場所がない」(20代男性)というように、実家暮らしだと女子との「2人きりの空間」を確保しにくいようです。親にも相手にも気を使わせてしまうので、実家以外の空間を確保できるに越したことはないでしょう。

【2】「洗濯物が乾かない」などの家事トークに話を合わせられなかったとき

「日常生活の話に共感できないのはイタい」(10代男性)というように、一人暮らしの女子の「あるあるネタ」にうまく反応できないケースです。話に乗れなくても、「防犯面は大丈夫?下着泥棒とかいない?」などと相手の身を案じて、優しさをアピールしておきましょう。

【3】毎日弁当を持たされ、学食での交流に入りにくいとき

「定食の感想を言い合ってワイワイしてる男女がうらやましい」(20代男性)など、「実家の弁当」派はランチタイムに孤独を感じることがあるようです。友達の注目を集めたければ、自分で作る「弁当男子」になって、周囲に弁当ブームを巻き起こすのも一興でしょう。

【4】一人暮らしチームより家が遠く、遅くまでみんなといられないとき


あわせて読みたい

スゴレンの記事をもっと見る 2019年6月22日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。