「主夫の友」のみなさんに聞いた 家事がしやすい理想の住まいとは

「主夫の友」のみなさんに聞いた 家事がしやすい理想の住まいとは

「秘密結社主夫の友」をご存じだろうか。秘密結社とつくと、何やらあやしげな雰囲気だが、その正体はというと「主体的に家事・育児をする夫」たちのグループだ。主夫が主体的に家事/育児をするとき、その活動場所である「住まい」に、どんな不満や不便があるのだろうか。家事分担の方法や主夫目線での「理想の住まい」とあわせて聞いてみた。

シンクの高さから動線まで。主夫が見ると家はカイゼンの余地だらけ

先日、都内某所で開かれた、「秘密結社主夫の友」の定例ミーティングに参加した筆者。そもそもこの「秘密結社主夫の友」は、日本ではまだまだ少数派の「主夫」を増やし、もっと男女ともに生きやすい社会&家庭を、というのが活動目的だ。ただ、主夫といっても、専業主夫はお1人だけで、あとは兼業主夫。つまり、それぞれ仕事をしながら、家事を主体的に行う「ワーパパ」のみなさんというわけ。まずは、現在の住まいへの不満点などを聞いてみた。

「地味にキツイのが、シンクの高さ。女性が使いやすい高さになっているから、お皿洗いをするときは、腰が痛い」という男性ならではのものから、
「生活動線が考えられていないので、買い物してきた荷物を運び込むのが大変」という男女ともに感じる不便さもあるよう。さらに
家を借りるときや買うとき、建てる際にも、不動産担当者が「住まいの中のことは奥様に」と女性にばかり聞いてしまい、男性の意見が反映されないという点を指摘。

「それで妻の意見が色濃く反映された家になってしまい、特にキッチンがママの聖域化してしまう」ことが、「男性を家事、ひいては家そのものから遠ざけてしまう」と話す。
「女性が家事をする前提になっているので、モノの収納・ルールを考えるのが女性の役割になっている。でも、収納や片付けは三次元的な要素が強く、実は男性のほうが得意かもしれない。そうした二人三脚の要素を抜きにして家ができあがってしまっている」とも。


あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る 2016年7月4日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。