中古だけど注文住宅? 中古×スケルトン×リノベってどう?

中古だけど注文住宅? 中古×スケルトン×リノベってどう?

新築が欲しいけれど予算的に厳しいし、中古住宅では気に入った間取りが見つからない……。そんな悩みに応えて登場したのが「中古注文」という新しい住宅のカタチ。中古住宅の軀体(くたい)や屋根、外壁だけを残し、中身をがらんどうのスケルトン状態にして販売するものだという。「中古注文」っていったい何?と、興味津々で話を聞きに行った。

屋根と外壁、構造軀体だけ。中は仕切りのないスケルトン住宅

「中古注文」とはどんなものなのか。

まずは、この新しいタイプの住宅の試行販売を始めた旭化成リフォーム流通リフォーム準備室の添野一浩さんに話を聞いた。

「中古のヘーベルハウスの鉄骨や床、壁など、まだ長く使える頑強な構造軀体を残し、内装や設備などを取り払った状態で販売する住宅です。必要に応じて販売時には外壁塗装と屋根防水に最新仕様を施します。軀体は中古ですが、それ以外は全て新築注文と同じようにオーダーメイドできます。旭化成では、“ロングライフ住宅”と称し、60年耐久の住宅『ヘーベルハウス』を販売しています。その耐久性を活かし『フレーム・ヘーベルハウス』と名付けて試行販売をスタートさせました」

すべて真新しくて、まるで新築住宅そのもの

次に、この夏「フレーム・ヘーベルハウス」を購入したSさん宅を訪れるべく、神戸市に向かった。S邸は神戸市東灘区の住宅街に建つ35坪の3階建て、築20年の中古住宅。現在、夫(61歳)と妻(59歳)の2人暮らしだという。


あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る 2016年9月26日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。