【vol.02】本当に必要な、「設備」は? 自分にあった「住まい」を考えよう

【vol.02】本当に必要な、「設備」は? 自分にあった「住まい」を考えよう

【連載】プリンシプル住まい総研「知って得する賃貸豆知識」Vol.02

Vol.1では、賃貸住宅の供給が過剰気味となり、空室が増えていくなかで、部屋選びは、さまざまなこだわりが実現しやすくなっていることをお伝えしました。
「バス・トイレ別」「ペット可」「インターネット接続」など、設備や条件面でも、比較検討すべきです。しかし、「こっちの物件は家賃がちょっと高いけどオール電化」「こっちの物件は家賃が安い分、築古」など、とても迷います。
では、どんな観点で物件の設備を選んでいけばいいのでしょうか?


■「なににこだわるか」は、「なにをあきらめるか」

図は、賃貸契約者に見る部屋探しの実態調査(リクルート調べ)の資料です。左右が「決め手」、上下が「あきらめた」割合です。
例えば「バス・トイレ別」の物件は40%以上の人が「決め手」にして、「あきらめた」人は10%しかいません。なかなか妥協できないということです。

一方、「風呂の追い焚き」については、10%の人が「決め手」にしていますが、20%の人はあきらめています。入浴時間が夫婦で異なるファミリーやカップルと異なり、単身者はあきらめる人も多いのです。

このように「なにを重視するか」、逆にいえば「なにを、あきらめてもいいか」を決めておくと、部屋探しもスムーズになります。つまりは自分の「住まい方」の優先順位を決めておくことがポイントです。


■誰とどんな暮らし方をするかによっても優先順位は異なる


あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る 2012年2月17日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら