働くパパ・ママの強い味方!コワーキングスペース付き保育園に子持ちライターが潜入してきた

働くパパ・ママの強い味方!コワーキングスペース付き保育園に子持ちライターが潜入してきた

働き方改革が叫ばれている昨今。さまざまな企業で就業の形態が変わってきていますが、テレワークや在宅、起業などでフリーランスで働く親にとって、「じゃあ子どもはどうするの?」という問題が出てきます。なぜなら、特に待機児童が多い都心部ではそうした働き方をしている家庭は認可の保育園に入りにくいからです。でも子どもを見ながらの仕事は非現実的……。もうすぐ2歳になる子どもがいるフリーライターの私にとっても他人事ではありません。そんな中、働きながら子育てもしやすい『子育て施設付きのコワーキングオフィス』が増えているという話が…。子持ち&共働きでフリーランスの筆者が実際に施設を訪れてみました。

罪悪感なく仕事も子育ても楽しめる。それが暮らしを充実させる

まず訪れたのが東京都立川市。立川駅から徒歩5分ほどの場所にあるコワーキングスペース「Cs TACHIKAWA(シーズ立川)」。ワーキングスペースと企業主導型保育園「みらいのたね保育園」が併設されています。企業主導型保育園とは、簡単に言うと国から補助を受けた「民間」の保育園です。こうした施設は多摩地区初とのことです。

外観からはそれほど大きく見えないビルの2階にあるので、狭い託児所レベルかなと思いきや、保育園室は約60平米と広々。「初めて訪れた人も、思ったよりとても広いと驚いてくれます」(スタッフ)。もちろん保育園として届け出されているので、スタッフ数など環境は整っています。また、食事もメニューから食材までママでもある給食スタッフが栄養士と献立を作成しているそう。

...続きを読む

あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る 2018年3月6日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。