理想の一戸建てに求めるのは、日当たりやLDの広さ?

次に、居室について見ていこう。

まず、「住み替えるとしたら、広さで妥協したくないもの・妥協できるもの」を聞くと、「リビング・ダイニングの広さ」、「収納の広さ」、「キッチンの広さ」は妥協したくないという人が圧倒的に多かった。

一方、妥協できるもので多かったのは「個室の部屋数」、「主寝室の広さ」、「子ども部屋の広さ」だ。つまり、部屋の数よりも広さを重視し、なかでも利用頻度の高いリビング・ダイニングや収納、キッチンの広さは妥協しがたいと考えていることがうかがえる。

例えば、寝室は机などを置かずに機能を寝ることに絞る、子ども部屋は勉強する場所としてくつろぐ場所をリビング・ダイニングで代用する、といったことも可能なので、妥協しやすいということだろう。

理想の一戸建てに求めるのは、日当たりやLDの広さ?

住み替えるとしたら、広さで妥協したくないもの・妥協できるもの(複数回答)(出典:中央住宅「SUUMOの戸建住宅検討者と購入者1030人アンケート」より転載)

また、広さにこだわる「リビング」について、「リビングに求める暮らし方・過ごし方」を聞いたところ、「リラックスできること」や「家族と会話しやすいこと」が上位に挙がった。リビングではのんびりと長居したり、家族と団らんできることなどが重要な条件となっていることが分かる。

理想の一戸建てに求めるのは、日当たりやLDの広さ?

リビングに求める暮らし方・過ごし方(複数回答)(出典:中央住宅「SUUMOの戸建住宅検討者と購入者1030人アンケート」より転載)

住む人の暮らし方が変わると、住宅の間取りも変わっていく

あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る 2019年5月8日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。