三大都市圏で1000万人を超えるという「関係人口」ってなんだ?

三大都市圏で1000万人を超えるという「関係人口」ってなんだ?

最近時々耳にする「関係人口」。移住でも観光でもなく、日常生活圏や通勤圏以外の特定の地域と継続的かつ多様な関わりを持つ人たちのことだ。その実態は、十分に把握されていなかったが、国土交通省が三大都市圏の関係人口について実態調査を行った結果、18歳以上の居住者の23.2%に当たる約1080万人(推計値)が特定の地域を訪問している関係人口だという。詳しく見ていこう。【今週の住活トピック】
「地域との関わりについてのアンケート」調査結果を公表/国土交通省

地域産品の購入や趣味の満喫、地域の人との交流などのために特定地域を訪れる人たち

あなたは「関係人口」についてご存じだろうか?よく分からないという人が多いだろう。
この調査でも、「特に聞いたこともないし、よくわからない」という回答が73.2%もおり、4人に3人は分かっていないことになる。

日常生活圏や通勤圏以外の地域に、移住したり(定住人口)、観光したり(交流人口)するのではなく、何らかの形でかかわっている「関係人口」は、三大都市圏居住者のうちの24.1%いることが実態調査で分かった。うち、1.9%は「ふるさと納税」などでその地域を訪問しないで関わっていて、残りの23.2%がその地域を訪問している。

国土交通省では、特定の地域に“訪問して”関わっている人を「関係人口(訪問系)」と呼び、さらにその地域での過ごし方によって、次の4つに分類している。
■関係人口(訪問系)の定義
日常生活圏、通勤圏、業務上の支社・営業所訪問等以外に定期的・継続的に関わりがある地域があり、かつ、訪問している人(地縁・血縁先の訪問(帰省を含む)を主な目的としている人を除く)
■関係人口(訪問系)の大分類
【直接寄与型】(3.0%):産業の創出、地域づくりプロジェクトの企画・運営、協力、地域づくり・ボランティア活動への参加等
【就労型】(3.9%):地域においてテレワークや副業の実施、地元企業等における労働、農林水産業への従事
【参加・交流型】(5.8%):地域の人との交流やイベント、体験プログラム等に参加
【趣味・消費型】(10.5%):地縁・血縁先以外で、地域での飲食や趣味活動等を実施(他の活動をしていない)


あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「観光 + 東京」のおすすめ記事

「観光 + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月26日の経済記事

キーワード一覧

  1. 観光 東京

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。