あなどれない木造! マンションもオフィスビルも建てられる最新事情

あなどれない木造! マンションもオフィスビルも建てられる最新事情
拡大する(全13枚)

全国47都道府県の木材を軒庇(のきひさし)に使用した新国立競技場など話題の建築を引き合いにだすまでもなく、昔から日本では家を建てる際に「木」が使われてきた。その多くは3階建てまでだが、最近は技術的な進化で中高層の木造住宅も建築されるようになってきた。こうした背景には何があるのか? 国土交通省の一重(ひとえ) 喬一郎さんに話を伺いながら、木造住宅・木造建築の最新事情をさぐった。

実は燃えにくく、地震にも強い!?木造住宅

童話『三匹の子豚』ではオオカミにあっという間に壊されてしまった“木の家”だが、世界で最も古い木造建築物は、607年に建てられた法隆寺の五重塔だ。子豚の次男は、正確には“木の枝”を集めてちゃちゃっと建てたから、文字どおり“木っ端みじん”にされたのであって、きちんと建てて、メンテナンスさえ怠らなければ1400年以上も長持ちするのだ。

あなどれない木造! マンションもオフィスビルも建てられる最新事情

法隆寺(写真/PIXTA)

「そもそも日本は国土の約7割が森林に覆われています」と一重さん。そのため木の家は昔から私たちにとって身近な存在だった。今でもそれは変わらないようで「国土交通省がまとめた令和元年度の『建築着工統計』によると、3階建て以下の住宅のうち、木造は実に82.5%を占めています。また内閣府の『森林と生活に関する世論調査(令和元年)』でも、『新たに住宅を建てたり、買ったりする場合、どんな住宅を選びたいか?』という問いに対し、73.6%が木造住宅を建てたいと回答しています」。つまり、私たちは木の家が大好きなのだ。


この記事の画像

「あなどれない木造! マンションもオフィスビルも建てられる最新事情」の画像1 「あなどれない木造! マンションもオフィスビルも建てられる最新事情」の画像2 「あなどれない木造! マンションもオフィスビルも建てられる最新事情」の画像3 「あなどれない木造! マンションもオフィスビルも建てられる最新事情」の画像4
「あなどれない木造! マンションもオフィスビルも建てられる最新事情」の画像5 「あなどれない木造! マンションもオフィスビルも建てられる最新事情」の画像6 「あなどれない木造! マンションもオフィスビルも建てられる最新事情」の画像7 「あなどれない木造! マンションもオフィスビルも建てられる最新事情」の画像8
「あなどれない木造! マンションもオフィスビルも建てられる最新事情」の画像9 「あなどれない木造! マンションもオフィスビルも建てられる最新事情」の画像10 「あなどれない木造! マンションもオフィスビルも建てられる最新事情」の画像11 「あなどれない木造! マンションもオフィスビルも建てられる最新事情」の画像12
「あなどれない木造! マンションもオフィスビルも建てられる最新事情」の画像13

当時の記事を読む

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。