「親以外から生き方学べる場所を」。稲村ヶ崎を地域で子育てするまちに

「親以外から生き方学べる場所を」。稲村ヶ崎を地域で子育てするまちに
拡大する(全10枚)

江ノ島電鉄の「稲村ヶ崎駅」目の前にある「IMAICHI」(神奈川県鎌倉市)は、60年近く続いた駅前のスーパーマーケット跡地に2019年にできたコミュニティスペースだ。憧れの移住地としても注目される鎌倉市だが、少子高齢化問題や商店街の衰退などの難しさを抱える地域もある。地元の老舗幼稚園の次期園長である河井めぐみさんと、夫で造園業を営む亜一郎さんは、「子どもを守ってくれる地域づくりをしたい」と、異業種の世界に飛び込んだ。

地元のスーパーが、生き残りではなく生まれ変わりを選んだ

鎌倉駅から江ノ電で11分の場所にある稲村ヶ崎は、緑に囲まれた海辺の閑静な住宅地だ。サザンオールスターズの桑田佳祐さんが監督した映画『稲村ジェーン』の舞台となった場所としても知られる。人口3000人ほどが住んでおり、数世代前からこの地で生活を続けている人も多い。

「スーパー今市」は、そんな地域で60年間商いをしてきた。戦前・戦後は魚商だったが、地域のニーズに合わせて生鮮食料品から生活雑貨まで幅広い商品を扱うようになり今に至る。しかし、近所に大きなチェーンスーパーができたり、ネットショッピングが台頭する中で、小売業の競争はますます厳しくなり、2018年に注文を受けた分だけ仕入れて販売するという「御用聞き」の仕事に専念することに。19代目となる現在の店主の今子博之さんは、駅前の店舗を閉め、事業規模を縮小することに決めた。

「親以外から生き方学べる場所を」。稲村ヶ崎を地域で子育てするまちに

まさに、稲村ヶ崎駅の目の前(写真提供/IMAICHI)


この記事の画像

「「親以外から生き方学べる場所を」。稲村ヶ崎を地域で子育てするまちに」の画像1 「「親以外から生き方学べる場所を」。稲村ヶ崎を地域で子育てするまちに」の画像2 「「親以外から生き方学べる場所を」。稲村ヶ崎を地域で子育てするまちに」の画像3 「「親以外から生き方学べる場所を」。稲村ヶ崎を地域で子育てするまちに」の画像4
「「親以外から生き方学べる場所を」。稲村ヶ崎を地域で子育てするまちに」の画像5 「「親以外から生き方学べる場所を」。稲村ヶ崎を地域で子育てするまちに」の画像6 「「親以外から生き方学べる場所を」。稲村ヶ崎を地域で子育てするまちに」の画像7 「「親以外から生き方学べる場所を」。稲村ヶ崎を地域で子育てするまちに」の画像8
「「親以外から生き方学べる場所を」。稲村ヶ崎を地域で子育てするまちに」の画像9 「「親以外から生き方学べる場所を」。稲村ヶ崎を地域で子育てするまちに」の画像10

あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月1日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。