コロナ禍で関心が高まる“空気環境”。気になる「よどみ」の解消法は?

コロナ禍で関心が高まる“空気環境”。気になる「よどみ」の解消法は?
拡大する(全6枚)

コロナ禍で、これまでよりも自宅の“空気環境”への関心が高まっただろう。ダイキン工業が、「第27回現代人の空気感調査」として、インドア(室内)とアウトドア(屋外)の空気に対する意識を調査した。その結果によると、コロナ禍で在宅時間が増加したことで、これまであまり意識してこなかった室内空気の息苦しさなどに気付くなどの変化が見られたという。

【今週の住活トピック】
「インドア(室内)とアウトドア(屋外)の空気感調査」を発表/ダイキン工業
「冬場の自宅の乾燥・換気に関する意識調査」を発表/一条工務店

コロナ禍の自宅の空気環境の課題は、空気のよどみ、室内の温度と湿度の維持・調整

ダイキン工業が、テレワークを経験し、コロナ禍前より在宅時間が増えている会社員(20~50代)に、「自宅の空気に息苦しさ(閉塞感・密閉感)やよどみ(こもっている、滞留している感じ)のようなものを感じることがあるか」を聞いたところ、68.0%の人が「感じる」(「よく感じる」20.8%+「たまに感じる」47.2%)と回答した。

「自宅でのテレワーク時に、次の空気の課題についてどのくらい感じるか」を聞くと、「空気のよどみ」「快適な温度の維持・調整」「快適な湿度の維持・調整」が上位に挙がった。

■自宅でのテレワーク時に感じる空気の課題

コロナ禍で関心が高まる“空気環境”。気になる「よどみ」の解消法は?

自宅でのテレワーク時に感じる空気の課題(出典/ダイキン工業「インドア(室内)とアウトドア(屋外)の空気感調査」より転載)


この記事の画像

「コロナ禍で関心が高まる“空気環境”。気になる「よどみ」の解消法は?」の画像1 「コロナ禍で関心が高まる“空気環境”。気になる「よどみ」の解消法は?」の画像2 「コロナ禍で関心が高まる“空気環境”。気になる「よどみ」の解消法は?」の画像3 「コロナ禍で関心が高まる“空気環境”。気になる「よどみ」の解消法は?」の画像4
「コロナ禍で関心が高まる“空気環境”。気になる「よどみ」の解消法は?」の画像5 「コロナ禍で関心が高まる“空気環境”。気になる「よどみ」の解消法は?」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「新型コロナ」に関する記事

「新型コロナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新型コロナ」の記事

次に読みたい「新型コロナ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク