2021年の新築一戸建て価格、この8年で最高額に。フルローンは金利上昇リスクに注意
拡大する(全8枚)

リクルートが2021年の「新築分譲一戸建て契約者動向」(首都圏)を発表した。この調査は、首都圏の新築分譲一戸建てを契約した人を対象に、購入物件や購入行動などを聞いたものだ。購入価格や広さ、駅からの距離、購入者の資金計画などに変化はあったのだろうか?

【今週の住活トピック】
「新築分譲一戸建て契約者動向」調査(2021年首都圏調査)公表/リクルート

平均購入価格は4331万円で、調査開始以降で最高額。広さは前年並み

まず、2021年に新築分譲一戸建ての契約をした人の購入物件について、見ていこう。購入物件価格の平均額は4331万円で、2014年の調査開始以降で最高額になった。内訳を見ると、「3000万~3500万円未満」と「3500万~4000万円未満」がそれぞれ約17%で、3000万円台が全体の3分の1を占める。いっぽうで5000万円以上の物件も24%を占めるなど、価格はかなり分散していることがうかがえる。

2021年の新築一戸建て価格、この8年で最高額に。フルローンは金利上昇リスクに注意

出典:リクルート「新築分譲一戸建て契約者動向」調査(2021年首都圏調査)より)

次に、購入物件の広さを見ると、建物の平均面積は99.0平米。100平米前後の「95~100平米未満」(22.1%)と「100~105平米未満」(25.2%)に集中している。また、土地の平均面積は120.5平米で、120平米前後の「100~120平米未満(32.7%)と「120~140平米未満」(23.9%)に集中している。広さはいずれも前年並みだ。


この記事の画像

「2021年の新築一戸建て価格、この8年で最高額に。フルローンは金利上昇リスクに注意」の画像1 「2021年の新築一戸建て価格、この8年で最高額に。フルローンは金利上昇リスクに注意」の画像2 「2021年の新築一戸建て価格、この8年で最高額に。フルローンは金利上昇リスクに注意」の画像3 「2021年の新築一戸建て価格、この8年で最高額に。フルローンは金利上昇リスクに注意」の画像4
「2021年の新築一戸建て価格、この8年で最高額に。フルローンは金利上昇リスクに注意」の画像5 「2021年の新築一戸建て価格、この8年で最高額に。フルローンは金利上昇リスクに注意」の画像6 「2021年の新築一戸建て価格、この8年で最高額に。フルローンは金利上昇リスクに注意」の画像7 「2021年の新築一戸建て価格、この8年で最高額に。フルローンは金利上昇リスクに注意」の画像8