“5つ星”のマンションが分かる!?4月からスタートしたマンション管理適正評価制度
拡大する(全5枚)

「マンションは管理を買え」と言われるほど、管理の良し悪しで経年による姿が変わる。その一方で、マンションの管理のレベルを客観的に評価した情報はこれまでなかった。その管理の質を評価する「マンション管理適正評価制度」が、2022年4月からスタートした。どんな制度なのか、詳しく見ていこう。

管理の状態を等級で評価する制度がスタート

「マンション管理適正評価制度」をスタートさせたのは、マンション管理会社の業界団体である「一般社団法人マンション管理業協会」だ。マンション管理業協会に、制度創設の狙いなどを聞いた。

「マンション管理適正評価制度」ができたそもそものきっかけは、管理の質が市場で評価されていないことから、評価する基準をつくって、市場に情報開示していこうということだという。これまでは、そうした評価基準がなかったので、現時点でマンションを購入しようとする人は、不動産会社を通じて、管理規約や修繕積立金の積立額などの情報を入手して、自身で判断する必要がある。とはいえ、専門知識がないとマンションの管理を評価するのは難しいことから、売買の際に管理の質が重視されにくいのが実情だ。国土交通省の調査結果を見ても、「マンション購入の際に考慮した項目」(複数回答)で、共用部分の維持管理状況を考慮した割合は1割程度と低くなっている。

■マンション購入の際に考慮した項目

“5つ星”のマンションが分かる!?4月からスタートしたマンション管理適正評価制度

出典:国土交通省「平成30年度マンション総合調査結果」より転載


この記事の画像

「“5つ星”のマンションが分かる!?4月からスタートしたマンション管理適正評価制度」の画像1 「“5つ星”のマンションが分かる!?4月からスタートしたマンション管理適正評価制度」の画像2 「“5つ星”のマンションが分かる!?4月からスタートしたマンション管理適正評価制度」の画像3 「“5つ星”のマンションが分かる!?4月からスタートしたマンション管理適正評価制度」の画像4
「“5つ星”のマンションが分かる!?4月からスタートしたマンション管理適正評価制度」の画像5