自然災害の後は、悪質な住宅修理業者に注意!3~5月に急増する理由とは
拡大する(全5枚)

雪解けシーズンの到来で、雪災による住宅修理サービスによるトラブルが増えるという。損害保険ジャパン(以下、損保ジャパン)が、消費者の認識を調査するために「雪災への対策・悪質な住宅修理業者に関する意識調査」を実施したので、その結果を詳しく見ていこう。

【今週の住活トピック】
「雪災への対策・悪質な住宅修理業者に関する意識調査」を実施/損害保険ジャパン

雪解け後に多い、自然災害被害を狙った悪質な住宅修理業者の訪問営業

損保ジャパンによると、雪災などの自然災害による住宅の損害は、加入している火災保険で補償されることが多い。一方で、この時期には、「保険金の範囲内で修理するので自己負担はない」などと言って不当な復旧修理を行ったり、「保険が使える」と言って保険金の請求代行の契約を勧誘したりといった、トラブルが多発する。

こうした悪質な事業者は、高額な手数料や解約手数料などの請求を狙ったものだが、3~5月の雪解け後に訪問が活発化するという。

「雪災への対策・悪質な住宅修理業者に関する意識調査」では、全国の1万6062人を対象に調査している。地域の降雪量についての内訳は、「冬は日常的に積雪がある」が11.9%、「頻繁に降雪があるが日常的な積雪はない」が5.9%、「年に1回から数回降雪があり積もる場合もある」が37.1%、「雪はめったに降らない」が45.1%だ。

この人たちに、「自然災害後や雪解け時期に、悪質な住宅修理業者が過大な保険金請求を目的として被害の有無に関わらず、訪問してくることや連絡がくることを知っているか」と聞いたところ、「知っている」は33.0%、「知らない」は67.0%となり、3人に2人はこうした悪質な住宅修理業者について認知していないことが分かった。


この記事の画像

「自然災害の後は、悪質な住宅修理業者に注意!3~5月に急増する理由とは」の画像1 「自然災害の後は、悪質な住宅修理業者に注意!3~5月に急増する理由とは」の画像2 「自然災害の後は、悪質な住宅修理業者に注意!3~5月に急増する理由とは」の画像3 「自然災害の後は、悪質な住宅修理業者に注意!3~5月に急増する理由とは」の画像4
「自然災害の後は、悪質な住宅修理業者に注意!3~5月に急増する理由とは」の画像5