ヒッグス粒子を発見したLHCに負けない巨大な地下施設が日本にも!

ヒッグス粒子を発見したLHCに負けない巨大な地下施設が日本にも!

ヒッグス粒子が発見されたことがサイエンスの世界で大きな話題となっている。ヒッグス粒子とは、ひと言でいえば、物質に質量を与える働きのある粒子のこと。これまで、ものを形づくる粒子、力を伝える粒子は発見されていたものの、重さを与える粒子の発見は今回が初めてだったため、特別注目されているのだ。

そして、このヒッグス粒子の発見に大いに役立ったのがLHCと呼ばれる大型ハドロン衝突型加速器だ。このLHCは素粒子反応を起こさせる実験装置で、スイスとフランスにまたがる全周約27kmにおよぶ地下トンネルの中につくられている。ヒッグス粒子の発見にも驚かされるが、実験装置LHCの巨大なスケールにもまた、驚きを隠せないところだ。

さて、そんな巨大なスケールを誇る驚きの地下施設は、日本にも存在する。つくられた用途はサイエンスの分野と異なるものもあるが、そのいくつかを紹介しよう。


■スーパーカミオカンデ(岐阜県飛騨市神岡町)
東京大学宇宙線研究所によって岐阜県飛騨市神岡町(旧吉城郡)神岡鉱山内に建設されたニュートリノ検出装置。50,000トンの超純水を蓄えた直径39.3m、深さ41.4mのタンクと、その内部に設置した11,200本の光電子増倍管からなる。


■首都圏外郭放水路(埼玉県春日部市)
埼玉県東部の国道16号線の地下を利用して設置された世界最大規模の洪水防御施設。立坑、地下河川 (トンネル)、調圧水槽(プール)、排水機場等からなる。トンネル断面は内径が10.6mあり、深さも約50mもある。


あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る 2012年7月18日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら