美しい景観とともに育まれた日本三景のお膝元。その魅力とは?

美しい景観とともに育まれた日本三景のお膝元。その魅力とは?

7月21日は日本三景の日だ。日本における最も代表的な景勝地として知られる場所で、広島県廿日市市の“宮島(厳島)”、京都府宮津市の“天橋立”、宮城県宮城郡の“松島”を指す。

日本三景と呼ばれるようになったのは江戸時代。儒学者・林春斎がその著書『日本国事跡考』に書き記したことが、そのいわれとなっている。

それから約300年。日本三景は今も多くの人を魅了する観光スポットとして人気だが、そのお膝元の街はどんなところなのだろうか?

【宮島(厳島)】
宮島のある広島県廿日市市は瀬戸内海(広島湾)に面する港町。瀬戸内海の豊かな恵みを受ける近海漁業がにぎわっており、カキの養殖が盛んだ。沿岸部ではマリンスポーツや釣り、海水浴といった瀬戸内海の特長を活かしたレジャーが人気を集めている。
参考:宮島観光協会

【天橋立】
天橋立がある京都府宮津市は、与謝野町を挟んで、南北2カ所に飛び地になっている珍しい位置取りの市だ。京都府内において京都市・宇治市に次いで第3位の観光地で、2007年度には約267万人が訪れたのだそう。天橋立ビューランドや天橋立海水浴場などのエンタテインメントスポットも充実している。
参考:宮津天橋立観光案内

【松島】
宮城県宮城郡松島町は観光と水産業によって立つ街で、特にカキは名産品として知られている。毎年10月の第1日曜日には日本三景松島園遊茶会が開かれるほか、11月には松島芭蕉祭や全国俳句大会が開催されている。
参考:松島観光協会

観光だけでなく、グルメやレジャーも楽しめる、日本三景のお膝元シティ。夏のお出かけや、お引越し先にいかが?

元画像url http://jrnl-parts.s3.amazonaws.com/wp/wp-content/uploads/2012/07/nihonsankei.jpg

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 観光 東京
SUUMOジャーナルの記事をもっと見る 2012年7月21日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「観光 + 東京」のおすすめ記事

「観光 + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら