落語「たがや」で分かる江戸の花火人気。今でも花火はトラブルの元に?

落語「たがや」で分かる江戸の花火人気。今でも花火はトラブルの元に?

連載【落語に学ぶ住まいと街(5)】
落語好きの住宅ジャーナリストが、落語に出てくる江戸の暮らしを参考に、これからの住まい選びのヒントを見つけようという連載です。

落語「たがや」とは…

今でも花火が上がると、「たまや~」と声を掛けるが、その理由も説明してくれる「たがや」という、夏らしい落語を一席。

まず「たが」とは、辞書(大辞泉)によると「竹を割き、編んで輪にしたもの。桶(おけ)・樽(たる)などの外側にはめて締めかためるのに用いる。金属製のものもある」とある。「たががゆるむ」とか、「たががはずれる」といった慣用句でも知られている。江戸時代には、ゆるんだたがを元のように締め直したり、新しいたがに交換して、桶や樽を直して歩いた職人がいて、「たが屋」と呼ばれていた。
さて、隅田川の川開きに催される花火大会当日、「両国橋」は見物客の雑踏で身動きすらままならない状態。そこへ、馬に乗った身分の高そうな侍が供の侍を連れて、無理やり橋を渡ろうとする。非常識だと思うが、刀が怖くて見物客は文句も言えない。一方、たが屋が家に帰ろうと道具箱を担いだまま、反対側からやってくる。花火の件を失念していたが、いまさら別の橋に回れないと両国橋を渡り始め、見物客にぶつかり押されて橋の中央で倒れ込む。そのとき、道具箱に入っていた「たが」がはじけて、するする伸びて馬上の侍がかぶっていた陣笠を跳ね飛ばしてしまう。
みじめな姿をさらした侍は、怒って手打ちにしようとする。いくら謝っても許してくれないので、たが屋は開き直り、切り合いになってしまう。ところが、平和ボケした侍より喧嘩慣れしたたが屋のほうが強く、最後には、馬上の侍もたが屋が手にした刀で首を切り落とされることに。首が中天高く上がったそのとき、見物客から「たがや~」。


あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る 2012年7月27日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら