創建時の姿に復元された東京駅赤レンガ駅舎。免震工法などの最新技術も

創建時の姿に復元された東京駅赤レンガ駅舎。免震工法などの最新技術も
【今週の住活トピック】
10月1日、東京駅丸の内駅舎(赤レンガ駅舎)復元開業
10月3日、駅舎内の東京ステーションホテル新装開業

赤レンガの外観で親しまれてきた東京駅丸の内駅舎が、創建当時の姿で10月1日にグランドオープンした。幾多の文人にも愛されてきた東京ステーションホテルも、駅舎の保存・復原工事に合わせて全施設を改装し、10月3日に開業した。この巨大な建築物の耐震改修には、免震工法が採用されている。

重要文化財の建築物の耐震改修に、免震工法を採用

2003年に国の重要文化財にも指定されている東京駅丸の内駅舎。1914(大正3)年に建築家・辰野金吾の設計により、鉄骨レンガ造りの3階建てで創建された。赤レンガの堂々たる姿で多くの人々に愛されてきたが、1945年の東京大空襲でシンボルだった南北のドームや屋根・内装を焼失。戦後、3階建ての駅舎を2階建て駅舎として再建していた。しかし、老朽化が進んだことから、耐震改修工事に合わせて焼失した部分も一緒に復原することとして、2007年5月に着工。約5年の歳月をかけて保存・復原工事を進めてきた。

元の丸の内駅舎は、太い松の杭約1万本を地下に埋め込んで支えてきた。1923年の関東大震災でも被害を受けなかった強靱な建築物だ。今回の工事では、この松杭に代わる約450本の新しい杭を地中20mまで打ち込み、2層の地下躯体を新設するとともに、地下躯体上部にアイソレータ352台とオイルダンパー158台の免震装置を設置し、巨大地震に耐えられるようにした。


あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る 2012年10月3日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら