秋は毒キノコの食中毒に注意!専門家が教える「キノコ狩りの注意点」

秋は毒キノコの食中毒に注意!専門家が教える「キノコ狩りの注意点」
拡大する(全1枚)

秋といえば、実りの季節。ぶどうや栗、さつまいもなどさまざまな食物が旬を迎える。そして忘れてはならないのがキノコ。全国的に生えるので、ハイキングついでに山で収穫する人も少なくないだろう。

だが、キノコを食べるうえで注意したいのが食中毒だ。東京都福祉保健局が運営する「食品衛生の窓」によれば、平成16年から平成20年までに年間42~79件のキノコ食中毒、年間77~232人のキノコ食中毒患者が全国で発生しているという。しかも、その9割が9~10月に集中するそうだ。

それでも旬の味覚を味わいたいという方は、きちんとした見分け方を身につける必要がある。そこで、埼玉きのこ研究会の上原さんに毒キノコの見分け方について話を伺った。毒キノコかそうでないかの見分け方はあるのだろうか?

「キノコ採取に慣れている人にアドバイスをもらったり、本などで特徴をよく把握してひとつずつ確認するしかないですね。“こういう特徴があるから毒キノコ”ということはほぼないと考えてください。なかには食べられるキノコに似た特徴を持つ毒キノコもたくさんあるので、そういったキノコは食べないのが得策です」

基本的にキノコの鑑定は難しく、採取に慣れた人でも時に食中毒を起こす人もいるのだとか。また、本に食べられるキノコと書かれているからといって安全とは限らないという。

「かつてスギヒラタケは食べられるキノコとして有名でした。しかし、腎臓に疾患のある人を中心に急性脳症を起こすことが判明し、現在では毒キノコに認定されています」


当時の記事を読む

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年10月15日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。