大阪のレトロな団地リノベ、その名も“暮粋(クラシック)”とは?

大阪のレトロな団地リノベ、その名も“暮粋(クラシック)”とは?

大がかりな改修は施さず、色やデザインを変えるだけで“昭和の団地”が“粋でオシャレな空間”に大変身。そんな団地リノベーションプロジェクト「暮粋(くらしっく)」シリーズ(UR都市機構)に人気が集まっている。

コストを抑えた改修で、大幅な家賃アップをしないリノベーションが完成。「募集をかければ、すぐに予約が入り、生産が追いつかない団地も!」と担当者がうれしい悲鳴を上げるほどだ。金剛団地(大阪府富田林市)では、今月約20戸の「暮粋」を供給。本日2月22日、第2回目の募集を開始した。


■粋な色のコントラストが新鮮

「団地らしさを活かしながら大胆変身を」とプランニングされた「暮粋」シリーズ。低層階(1~2階)の「レトロ色」プランと、上層階(3~5階)の「白色」プランの2タイプを用意しており、間取りはそれぞれ2LDKと2DK。

まずは「レトロ色」プランをのぞいてみると…。
桟など木の部分と床が全て小豆色、壁は白で統一されている。このコントラストがなんともレトロだけれどお洒落で、“粋”な印象だ。一般のマンションでは見たことのない独特な色合いは「どんな家具を置いてインテリアを楽しもうか」と、住み手のイマジネーションを刺激してくれる。

「デザイン開発担当者が、地方を走る列車の内装からイメージしたんです」とUR都市機構の小正茂樹氏。
どこか懐かしく、落ち着いた色合いは「上層階まで上がるのが大変な熟年世代の方にも親しまれるよう」との配慮からだ。


あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る 2013年2月22日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら