話題の「遺品整理」。パイオニアに聞くオモテとウラ

話題の「遺品整理」。パイオニアに聞くオモテとウラ

近年、「遺品整理」という言葉をよく耳にする。亡くなった人の持ち物を遺族に代わって点検し、貴重品や形見分けの品、その他の遺品を仕分け。処分等を代行する仕事だ。
「孤立死」が後を絶たない高齢化社会において、故人の遺品の取り扱いに頭を悩ませる遺族は少なくない。こうしたサービスや活用方法について、日本初の遺品整理専門会社「キーパーズ」代表の吉田太一さんに聞いた。


■遺品が「ゴミ」として扱われていた10年前

「遺品はゴミではない!」

こう語るのはキーパーズ代表の吉田太一さん。他人からみれば特別な価値をもたない品々にも、そこには故人の生きざまや想いが詰まっているという。
遺品整理業というサービスがなかった10年前、こうした代行業はいわゆる「便利屋」の領域。依頼主の求めに応じて粛々と処分を遂行するのが彼らの仕事であり、故人が愛用していた大切な遺品も単なるゴミとして捨てられるだけだった。

「たとえ今は疎遠になってしまった家族や親戚でも、故人の大切にしていた遺品がゴミのように扱われ、投げ捨てられるのは忍びないという人は大勢います。遺品に込められた故人の想いを大切に『天国へのお引越し』をお手伝いするのが私たちの仕事です」(吉田さん)

キーパーズでは国内各地の拠点に「遺品供養」専用の式場を設けている。遺品を処分する際には僧侶を招き、丁寧な「供養」を行うことで、故人への配慮だけでなく見送る側の心の整理にもなるという。


■遺族に「ゆとり」を。仕事は絶対に断らない...続きを読む

あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る 2013年3月12日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。