自宅にいながらクリックひとつで商品が届くAmazonの賢い使い方

自宅にいながらクリックひとつで商品が届くAmazonの賢い使い方

進学、就職、転勤などで、引越しをする人が増える春。その際に、テレビやベッド、冷蔵庫などの家財道具や、身の回りのものを新調する人も多いはず。

そんなとき、チェックしておきたいのがネット通販のAmazonだ。 例えばAmazonでテレビを検索してみると、大手メーカーから無名メーカーまでじつに613件のテレビがリストアップされた。冷蔵庫は7221件、ベッドにいたっては7万2778件もヒット(3月26日時点の情報)。
当然、これだけの品数をそろえる実店舗は世界中探しても存在しないだろう。

では、価格はどうなのだろうか? 本当に実店舗より安く買えるのだろうか?
そこで今回は、ネットビジネスに詳しくAll Aboutなどで活躍する、イーンスパイア株式会社の横田秀珠さんに、“Amazonの賢い使い方”というテーマで、最安値の見つけ方、ネット通販で買わないほうが良い物などを伺ったので、ご紹介したい。

まず一番気になる価格についてだが、Amazonは本当に実店舗より安いのだろうか?

「Amazonは売れると分かっている商品について調査していて、売れる商品はメーカーと直接交渉して仕入れて、Amazon自体で販売しています。大量に仕入れて、大量に販売できる媒体を持っていますので、量販店よりも安くなる場合が多いです」

なるほど、市場調査と直接仕入れによって、低価格設定ができるということか。では次に、Amazonで最安値の見つけ方について聞いてみた。


あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る 2013年4月9日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。