床下収納って何を入れればいいの? プロの収納テクをご紹介!

床下収納って何を入れればいいの? プロの収納テクをご紹介!

キッチンには戸棚や引き出し、シンク下の空間など、収納場所がたくさん設けられている。収納するものも、食料品から食器、調理器具までじつにさまざまだ。そんな中、なかなか使いこなせないのが「床下収納」。昔は漬物や梅酒などの貯蔵場所として活躍した床下収納だが、最近では自前で漬物を漬ける人すら珍しい。

そこで、今どきの床下収納の活用方法について、整理収納コンサルティングを行う「Studio HAGA」の芳賀裕子氏に話を伺った。

「キッチンでの作業動線では、目線~腰までの高さが一番動きやすい場所です。一方、床下はしゃがんで膝をつき、扉や蓋を開けて中の物を取り出すという、収納や取り出しまでのアクションが多い場所のため、一番使い勝手が悪いんです。そのため、日常的に使う物の収納には向きません。年に数回取り出すような使用頻度の低い物の収納先と考えるほうがいいでしょう。

また、取り出すときに身体に負担がかかるので、あまり重たいものを収納するのもおすすめできません。具体的には、手づくり味噌や、梅酒、梅干しなどの保存食を収納するほかには、万が一の非常食、非常用の水(ペットボトル)などの収納に向いています。あとは、正月やクリスマスといったイベント用の物や、キャンプ用の食器・備品の保管場所としてもいいと思います」

床下というと、年間を通して温度や湿度が安定しているイメージがあるが、実際はどうなのだろうか?

「温度や湿度管理が出来るような新しいタイプの床下収納庫もありますが、そうでなければ、必ずしも温度・湿度が一定とは限りません。ですので、安易に食料品を床下に保存するのは避けたいですね。さらに、床下収納は外から見えないため、入れ忘れの多い場所です。そういった観点からも、流動的な食料品の収納には向きません。非常食などを保存する場合も、密閉容器やビンで空気を遮断して保管するようにしてください」

あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る 2013年7月26日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。