クリスマスツリーやキャンドル。火事を起こさないコツって?

クリスマスも今日明日が本番。街はイルミネーションで彩られ、自宅でもツリーに電飾を付けたりキャンドルを灯したりして楽しむ人が増える。部屋が美しい光で彩られると気持ちまで明るくなるものだが、気をつけておきたいのが「火事」だ。

2010年には、宮城県仙台市のイルミネーション「光のページェント」で配電盤火災が起こり、点灯が数日間中止されたことがあるし、去年のクリスマスには、キャンドルの消し忘れが原因の火災が兵庫県宝塚市で起きている。空気が乾燥している冬は、一度発火すると火の回りが早いため大惨事になる恐れがあり、注意が必要だ。

静岡県内の消防署に勤めるKさんによると、

「キャンドルやイルミネーションが原因の火事の事例は、実際にはあまりありません。ただ、取り扱う際には十分注意してください。例えば電飾のコンセント部分にホコリがたまっていると、そこから発火する可能性があります。キャンドルも、使い終わったら必ず消すようにしましょう」

とのことだった。消防庁のデータでも、灯火(ランプやキャンドル)による火災は全体の約2%と少ない。とはいえ、部屋の中で火を扱うわけだから、細心の注意を払う必要はあるだろう。

ちなみに、冬期の火事の原因の多くは暖房器具によるものだ。特にストーブ系の暖房器具は、直接火を扱うだけにその危険度は高い。住宅防火対策推進協議会のホームページ(http://www.jubo.go.jp/)を参考に気を付けるべきポイントを挙げてみよう。


あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る 2013年12月24日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。