家賃格安!日当たり最高!お墓に囲まれた家の住み心地は?

不動産会社で家賃格安の物件を紹介してもらったけれど、窓を開けたら隣がお墓だったなんていう笑い話(?)をよく聞きますが、実際にお墓のすぐ横に住んでいる方に、住み心地を伺ってみました。

窓を開ければすぐそこにお墓が

問題の物件の場所は、東京都台東区の谷中霊園の近くにある、お寺の墓地に面した古い一軒家だ。窓を開ければすぐそこにお墓が見えるという、冗談のような場所に住んでいるHさんは、なんであえてこの物件を選んだのだろうか。

「同居人の職場がある谷中近辺で、練馬に借りていたマンションよりも家賃が安く、和室の畳部屋なのが必須条件でした。そこでネットにも出ていないような物件を探そうと、老夫婦がやっている地元密着型の小さな不動産会社で紹介してもらった最初の物件が、まさにここでした。他に比べると家賃が断然安かったので、早速見にいったら、そこに行くまでの路地に惚れてしまい、物件を見る前に90%ここを借りるって決めていました。」

家賃格安!日当たり最高!お墓に囲まれた家の住み心地は?

【画像1】Hさんが惚れたという、お墓に挟まれた細い路地(写真撮影:筆者)

確かになかなか雰囲気のある路地であるが、好みの分かれるところだろう。Hさんのお宅に行く際に、まさかこの道を通っていくとは思わず、しばらく迷子になってしまった。

家の一面がお墓に面している物件はたまにあるが、Hさんの住む家は、台所のある西側に加えて、さらにお風呂場のある北側もお墓という、なかなかレアな物件である。ここに住むとなると、さすがにお墓の存在が気にならなかったのだろうか。


あわせて読みたい

気になるキーワード

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る 2014年5月13日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「住宅」のニュース

次に読みたい関連記事「住宅」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。