国土交通省、平成26年第2四半期「地価LOOKレポート」発表

国土交通省は、8月29日、平成26年第2四半期(H26.4.1~H26.7.1)主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~を発表した。

これは、主要都市の地価動向を先行的に表しやすい高度利用地等の地区について、四半期毎に地価動向を把握することにより先行的な地価動向を明らかにするためのもの。

調査は、鑑定評価員(不動産鑑定士)が調査対象地区の不動産市場の動向に関する情報を収集するとともに、不動産鑑定評価に準じた方法によって地価動向を把握し、その結果を国土交通省において集約する。対象地区は、東京圏65地区、大阪圏39地区、名古屋圏14地区、地方中心都市等32地区 計150地区。

それによると、平成26年第2四半期(4/1~7/1)の主要都市・高度利用地150地区における地価動向は、上昇が120地区(前回119)、横ばいが28地区(前回27)、下落が2地区(前回4)となり、上昇地区が全体の8割となった。上昇120地区のうち、118地区が0-3%の上昇、東京都心の商業系2地区(銀座中央、新宿三丁目)が3-6%上昇した。

■ニュースリンク先
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo04_hh_000091.html

あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「住宅」のニュース

次に読みたい関連記事「住宅」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年8月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。