置く方角は? 神棚と同じ部屋はあり? 意外と知らないお仏壇マナー

そろそろ暦のうえでは、お彼岸が近づいてきた。このお彼岸、日本に古くから伝わる仏教の行事で、春分の日をはさんで前後3日合計7日間をさし、一般的な家庭ではお仏壇や仏具の掃除をして先祖を供養する期間とされている。

ところでお彼岸に限らず、お仏壇に関して普段みなさんはどれほどの意識を向けているだろうか。何をしたらご先祖様は喜ぶのか、何をしてはいけないのかご存じだろうか。

そこで、お仏壇にまつわる素朴な疑問を株式会社はせがわ営業企画部安藤さんに伺ってみた。

お仏壇を置く際に、位置や方角で注意すべき点はありますか?

「色々いわれはありますが、基本的にいけないということは何もありません。一番大事なのは、家族の方が落ち着いてお参りできるところを選ぶことです。方角に関しても、東西南北の各方向に如来様はいらっしゃいますので、とくにこだわる必要は無いと思います」

仏壇を並べて置いたり、神棚と仏壇を同じ部屋に置いたりしても構わないのでしょうか?

「大丈夫ですが、注意点として、神様には方角がありますので、神棚は方角に注意して置いてください。それと、向かい合わせにしてはいけません。片方をお参りするときに、片方にお尻を向けることになりますので、それだけは避けるようにお願いいたします」

なるほど。どこの世界でもお尻を向けるのは失礼な行動のようだ。では宗派の違う位牌を、同じ仏壇に入れても良いのでしょうか?

「本来は別々にお祀りすべきでしょうが、一家に2つのお仏壇を置くのは不自然ではと、1つにされるご家庭も増えています。どうしても気になるようであれば、お寺様に相談してみるのが良いでしょう」

あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る 2015年3月17日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。