金継ぎした唯一無二の酒器をじっくり味わう客は日本人ではなかった。【酒器も肴のうち】

お酒をつぐ器、お酒を飲む器。酒器に思いを巡らせると、気になってくるあの人のお気に入りや、あのお店のセレクション。酒器を愛でながら一献傾けるのが好きなライターによる酒器折々、酒器こもごも。

金継ぎした唯一無二の酒器をじっくり味わう客は日本人ではなかった。【酒器も肴のうち】

 一月往ぬる二月逃げるとはよく言ったもので今年も2ヶ月があっという間。今年はご縁がなくて立春朝搾りにありつけなかった。立春朝搾りとは立春の朝に搾り上がった春のはじまりを寿ぐめでたいお酒のこと。悔やんでいても始まらないので、かの名曲に乗せて「ああ、日本のどこかに私を待ってる酒がある」と口ずさみながら『酒器も肴のうち』第37献。

 今回お邪魔したのは中央区新川で20年ほど営み、昨夏、古着屋や古道具店が点在する高円寺南口に移転した「和食処 徳竹」。さっそく、女将の徳竹京子さんが酒肴の盛り合わせと言わんばかりの飯台を抱えて登場です。ここでいう酒肴とは酒器そのもののこと、あしからず。久しぶりに見る選べる酒器の山。いい景色であります。

金継ぎした唯一無二の酒器をじっくり味わう客は日本人ではなかった。【酒器も肴のうち】

「新川の頃から大事に使っているものばかりです。作家ものも多いですが、口造りが薄いものや陶芸家の方によっては使っている土が柔らかいものもあり、どうしても欠けやすい。丁寧に扱っていても割れるときは割れちゃいます(笑)。数年ほど前、ご縁があって金継ぎの先生をご紹介いただいて、それからは金継ぎを施して使っています」(徳竹さん・以下同)

 それはそうと、飯台から出てくるわ出てくるわ、金継ぎされたぐい呑が! これはこれで見ていて楽しい。そもそも金継ぎとはざっくり言うと器の割れや欠け、ヒビなどの破損部分を修復する技法。金継ぎに芸術的価値を見出したり、もったいない精神の末のリメイクだったり、愛着あるモノを大事にする気持ちだったりと、その解釈はさまざま。個人的にはお酒の場ならば、使う人が楽しければそれでいいと思っている。(えっ? そう思いませんか?)


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る 2018年2月28日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら