お酒も飲めるそうめん専門店『そそそ』が恵比寿に誕生

お酒も飲めるそうめん専門店『そそそ』が恵比寿に誕生

 パクチー専門店や胡椒料理専門店など、一つの食材や料理にフォーカスした専門店が増えています。そんな中、東京・恵比寿に今年1月末、新たな専門店がオープンしました。それが「そうめん」料理専門店『そうめん そそそ』です。

 そうめんといえば、夏に食べる代表的な食べ物ですが、ここは、ひと味違うそうめんを食べられるそうですよ。早速ご紹介しましょう。

極上の食感とのどごしを誇る、小豆島「島の光」のそうめんを使用

お酒も飲めるそうめん専門店『そそそ』が恵比寿に誕生

『そうめん そそそ』を運営するのは代官山で人気の創作和食料理店『楚々』。元々そうめんにはあまり興味がなかったというオーナーさんが、小豆島のそうめん「島の光」の美味しさに感銘を受け、代官山の『楚々』でメニュー化したのがはじまり。「島の光」を使ったそうめんは『楚々』のお客さんからも評判を呼び「お店を出したらウケるんじゃない?」という声も多く、今回そうめん専門店をオープンすることになったそうです。

「島の光」は小麦と塩に加え、国内で唯一かどや製油のゴマ油を100%使用しているそう。そのため、小麦臭さがなく、舌触りなめらかで、コクと旨みがしっかり生きているのが特徴。また、空気の澄んだ瀬戸内の寒空の下、天日干しをすることでコシが強くなり、のどごしが良く仕上がるんだそうです。

釜玉をメレンゲにアレンジした名物「ふわふわ釜玉」

お酒も飲めるそうめん専門店『そそそ』が恵比寿に誕生

『そうめん そそそ』ではこの「島の光」を使い、今までにないバリエーション豊かなそうめん料理を提供しています。例えばこちらの「ふわふわ釜玉」(650円)は、卵白をふわふわのメレンゲ状にして濃厚な黄身をのせた一品です。


あわせて読みたい

気になるキーワード

食楽webの記事をもっと見る 2018年3月22日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「フレンチ」のニュース

次に読みたい関連記事「フレンチ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中華料理」のニュース

次に読みたい関連記事「中華料理」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スイーツ」のニュース

次に読みたい関連記事「スイーツ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。