魚料理の秘めたる可能性と共に見出した酒器選びの楽しさ。【酒器も肴のうち】

お酒をつぐ器、お酒を飲む器。酒器に思いを巡らせると、気になってくるあの人のお気に入りや、あのお店のセレクション。酒器を愛でながら一献傾けるのが好きなライターによる酒器折々、酒器こもごも。『酒器も肴のうち』第47献。

魚料理の秘めたる可能性と共に見出した酒器選びの楽しさ。【酒器も肴のうち】

 今年6月で1周年を迎える「さかな庵 澪つくし」の料理長・平山貴之さんが自身のぐい飲みを手に入れたのはつい最近のこと。

 イタリア料理店でのキャリアが長く、1年前までは姉妹店である介専門イタリアン「ボガマリ・クチーナ・マリナーラ」で腕をふるっていた平山さん。全国から届く鮮度抜群の魚介を扱っているうちに、イタリアンの枠にとどまることなく、魚を主役にした料理をもっと自由に、もっと深く追求したいと思うようになったという。

魚料理の秘めたる可能性と共に見出した酒器選びの楽しさ。【酒器も肴のうち】

「調理歴の大半がイタリアレストランで、日本酒を飲む機会が少なかったということもありますが、若い頃に飲んだ日本酒の印象を引きずっていて正直苦手でした。ただ、魚介料理を突き詰めていくと改めて日本酒の美味しさに気づかされることも多くて、めちゃめちゃ美味い! と思ったんです」(平山さん・以下同)

 お店の酒器のセレクトは店長に任せているそうだが、今まで縁遠かった日本酒、そして酒器を意識するようになり、自分用のぐい飲みを買い求めるに至ったという。

魚料理の秘めたる可能性と共に見出した酒器選びの楽しさ。【酒器も肴のうち】

ワイングラスとはまた違って、日本酒のための酒器を選ぶというのは新鮮で楽しかったです。これは完全に見た目が自分の趣味!」

「ガラスや陶器など、お店にある酒器をひと通り見ました。錫の酒器もいろんなデザインのものをチェックしましたが、最初から第一印象で決めてました!(笑)という感じです。薄くて飲み口が緩やかに広がったフォルムが手にしっくりなじむのと、お店のスタッフから改めて錫の魅力などを聞き、それが後押しというか決定打になりました」


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る 2018年5月9日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「魚料理 + 大阪」のおすすめ記事

「魚料理 + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

「魚料理 + 東京」のおすすめ記事

「魚料理 + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「魚料理 + レシピ」のおすすめ記事

「魚料理 + レシピ」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。