南魚沼の旅館から蒲田の酒処にたどりついたかっぱの話。【酒器も肴のうち】

お酒をつぐ器、お酒を飲む器。酒器に思いを巡らせると、気になってくるあの人のお気に入りや、あのお店のセレクション。酒器を愛でながら一献傾けるのが好きなライターによる酒器折々、酒器こもごも。『酒器も肴のうち』第48献。

南魚沼の旅館から蒲田の酒処にたどりついたかっぱの話。【酒器も肴のうち】

 女将のお気に入りだというお猪口を見るやいなや、無意識のうちにあのフレーズを口ずさんでいた。てっきりあのお酒と何か関係があるのかと思っていたら、どうやらそうではないらしい。

 関係ないと言われても頭の中ではずっと「かっぱっぱ~、るっぱっぱ~」のリフレインである。

 東京・蒲田にある「ささめ」は日本酒と共に料亭の味が楽しめるお店。女将の山田ひかるさんが気に入っているというお猪口にはかっぱとひょうたん徳利が描かれている。もともとは店主である山田嘉人さんのご実家にあったものだという。

南魚沼の旅館から蒲田の酒処にたどりついたかっぱの話。【酒器も肴のうち】

「主人の実家はかつて新潟・南魚沼で旅館業を営んでいて、その頃に使っていたものだそうです。よく見ると微妙に表情が違うんです。レトロな雰囲気とどことなく粋な感じもあって妙に惹かれるんですよね。

 主人が板前修行を経て独立してお店を始めるというタイミングだったと思いますが、使うなら持ってっていいわよと言って義母さんが譲ってくれたものです」。仕込み中の店主・山田嘉人さんも「それ、好きだよね」とニコニコしながら穏やかに頷いている。

南魚沼の旅館から蒲田の酒処にたどりついたかっぱの話。【酒器も肴のうち】

 コシヒカリの田んぼに囲まれた旅館で使われていたかっぱのお猪口は女将だけでなく、お店を訪れるお客さまにも可愛がられている。南魚沼のかっぱが蒲田で第二の人生を謳歌しているようだ。そんなことを思いながら筆者の頭の中ではまだあのフレーズが鳴り止まないのだった。


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る 2018年5月16日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。