香港のB級グルメ「焼味飯」専門店が早稲田に登場! ローストしたての叉焼飯など“肉メシ”が最高に旨い

香港のB級グルメ「焼味飯」専門店が早稲田に登場! ローストしたての叉焼飯など“肉メシ”が最高に旨い

 香港のB級グルメ代表と言えば「焼味飯」。香港に行ったことがある人はご存知だと思いますが、肉屋や大衆食堂の店先にローストした豚、鶏、鴨などがぶら下がっていて、それをぶつ切りにし、ご飯や麺の上にドサッとのせ、タレをかけて食べる豪快な肉メシです。

 広東料理は、日本の至る所で食べられますが、この「焼味飯」だけを気軽に食べられるお店はなかなかありません。やはり現地で楽しむしかないか、と思っていたのですが、先日、早稲田に住む知人から「焼味飯専門食堂が早稲田にオープンしている」と聞きました。店名は『香港華記焼味&米線(ワーキーベイセン)早稲田店』。シェフやスタッフも香港人で、店内は広東語が飛び交い、まさに香港の食堂のよう、とまで言うので、さっそく行ってきました。

香港のB級グルメ「焼味飯」専門店が早稲田に登場! ローストしたての叉焼飯など“肉メシ”が最高に旨い

焼いただけではない本場のロースト肉は絶品!

香港のB級グルメ「焼味飯」専門店が早稲田に登場! ローストしたての叉焼飯など“肉メシ”が最高に旨い

 お店は、東西線早稲田駅を出てすぐの場所にありました。店先に貼られているアメコミ風のメニューを見ると、豚、鶏、鴨各種のロースト肉をチョイスしてご飯か麺に載せられるほか、ハーフ&ハーフもOKという本場の食堂スタイル。しかもほとんどのメニューが一皿1,000円前後とリーズナブル。代表的なメニューを食べてきたのでご紹介します。

香港のB級グルメ「焼味飯」専門店が早稲田に登場! ローストしたての叉焼飯など“肉メシ”が最高に旨い

 まずは「ローストポーク&チャーシュー ライス」(1,080円)から。お肉はローストポーク(燒肉)とチャーシュー(叉焼)のハーフ&ハーフ。「どっちも焼いた豚肉じゃないの?」と思うかもしれませんが、全然違います。


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る 2018年5月25日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。