マッキー牧元の記憶の三ツ星食堂|有楽町ガード下の名店『ミルクワンタン鳥藤』

マッキー牧元の記憶の三ツ星食堂|有楽町ガード下の名店『ミルクワンタン鳥藤』

老舗から新店まで、新たな味と人との出会いを求め古今東西を駆け巡るマッキー牧元さん。そんなタベアルキストが、現在までに出会ってきたさまざまな店や料理の、今は味わうことが難しい“幻の味”の記憶をひもとく。

 今から30数年前の話である。

「有楽町のガード下に、ミルクワンタンという、牛乳入りのスープにワンタンが入った、奇っ怪ながら、何とも言えぬうまい料理があるんだよネ。一度、騙されたと思って食べてみな」

 この手の話は気をつけたほうがいい。話にのせられて食べると、言葉通りに騙されてしまう。友人からこの話を聞いたときにもそう思った。 だいたい“ミルク”という点が怪しいではないか。

 どうも世の中には、妙な「牛乳好き」が多いようで、牛乳、牛乳茶漬け、牛乳酒、牛乳風呂(これは関係ないか)などを、愛好する輩がいる。僕自身、牛乳を温めたときの匂いがあまり得意ではないので、なおさら食指が動かない。動かないのだが、聞いたときに浮かんだ奇妙なイメージは、常に頭の片隅に残っていたようで、ある日有楽町でたまたま時間が空いたとき、急に思い出した。

 悩んだが、食べてみる決意をした。嗜好より、好奇心が勝ってしまうのが、僕の悪い食癖である。

 店は、昭和の闇市の雰囲気を残す、昼でも薄暗いガード下にあった。闇の中で「ミルクワンタン」、と明確に意思表示した看板が、うっすらと光っている。

 出来ますものは四種類。ミルクワンタン、焼飯、モツライス(鳥モツ、玉葱、人参のスープで煮込み)、半モツ焼飯である。半モツ焼飯には、強烈に心を揺さぶられたが、ここは初心貫徹、意気揚々とミルクワンタンを頼んだ。


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る 2018年5月29日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。