春の京都の情景が香る酒器は仕覆とともに今もなお。【酒器も肴のうち】

お酒をつぐ器、お酒を飲む器。酒器に思いを巡らせると、気になってくるあの人のお気に入りや、あのお店のセレクション。酒器を愛でながら一献傾けるのが好きなライターによる酒器折々、酒器こもごも。『酒器も肴のうち』第50献。

春の京都の情景が香る酒器は仕覆とともに今もなお。【酒器も肴のうち】

 たとえば、花見酒に紙コップではせっかくのいいお酒も味気ない。ピクニック、BBQしかり。日本酒に限らずワインやビールでも野外で飲むお酒はそれだけ気分がいい。ただ、紙コップやプラコップなどの簡易容器ではテンションがた落ちということはないだろうか。

 デリケートな素材はともかく、持ち歩きにさほど気を遣わないぐい呑やおちょこだってあるのだし、など申しておりましたら、素敵な酒器、しかも持ち歩ける素敵なそれをお持ちの方がいらしたのです。

春の京都の情景が香る酒器は仕覆とともに今もなお。【酒器も肴のうち】

 季節は春。ひとりの芸妓さんが三条大橋に佇む。桜の名所は宴もたけなわといったところだろうか。はたまた花より団子か、どちらにせよ、心華やぐ。小さき器から京の春が香りたち、一目見た瞬間からたちまち京の都へといざなわれる。そして、その酒器に誂えた仕覆。完全にもっていかれた。

 仕覆とは茶道の道具のひとつで、茶入や薄器、茶碗などの道具類を入れる袋のこと。幼少の頃から茶道、華道などの習い事はひと通りやったという田中園恵さん。現在は外資系ホテルのゲストサービスに従事し、気づけば茶道とは疎遠になったが、器や書への興味は今も尽きない。

春の京都の情景が香る酒器は仕覆とともに今もなお。【酒器も肴のうち】

「まだ10歳くらいの頃、大人になったらお花見でこれを使ってねと、お茶の先生から譲り受けたものです。先生は幼い私にままごとの延長のような小さなお道具をたくさん見せてくれました。当時も、これを持ってお花見に行くのよと話していたのを覚えています。


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る 2018年5月30日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら